体の中から美容ケア

玄米

農薬の心配がない選び方

美容効果がすごいと話題となっているのが、精米しないお米の玄米です。玄米は籾殻だけを取り除いており、白米と比べると豊富な栄養が含まれています。美肌に導いてくれる上に、ダイエットにも効果的です。お米は毎日食べるもの。白米を玄米に変えるだけで、美容ケアができるなんて嬉しい限りです。玄米が白米より多くの栄養素を含んでいるのは、ぬかや胚芽があるためです。ぬかや胚芽には、ビタミンB1やビタミンE、カリウム、タンパク質、食物繊維が含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が高い上に、タンパク質は肌のターンオーバーに欠かせません。また、豊富な食物繊維により、体内のデトックス効果も得られます。体の内側から自然と美肌になれるのは、玄米の大きな魅力です。ただ、1つだけ注意することが、精米をしていないこと。精米をしないからこそぬかも胚芽もあるわけですが、農薬まで残る可能性があります。残留農薬の危険性がない玄米を購入することが、美味しく安心して食べる秘訣です。有機JASマークがある玄米を選べば、残留農薬の心配がありません。有機JASマークは、農林水産省が定めた厳しい水準をクリアした証。マークがあるかを確認するだけで、正しく玄米を選べます。玄米は美味しくないとの声も聞こえますが、炊き方を工夫することで美味しくいただけます。ポイントは、一晩浸水しておくこと。これだけで劇的に美味しく炊けるのでお試しを。また、水にほんの少しだけ塩を入れると、アク抜きができるのでおすすめです。